夏物特価セールのお知らせ

今日で8月も終わりとなります。

夜になると何となく秋の雰囲気も感じ取れるきがしますが、日中はまだまだ暑い日が続きます。

サイクリストの皆様もまだまだ日中のサイクリングウェアは夏物だと思います。

誉自転車では店内在庫の夏物サイクリングウェアの特価セールを行っています。

と言ってもウチの取扱いは、現在フランスの高級サイクリングウェア「Cafe Du Cycliste」

くらいで小さな店舗ですので在庫数も少ないのですが。

手にとってみてくださったお客様には、デザイン性や作りの良さは好評を頂いています。

「Cafe Du Cycliste」は価格帯が高価なのがネックでしたが、2017年SSモデル全品15%OFF、にて販売しています。

んっ!WEBSHOP?と思った方。

実は当店のHP内に先日ひっそり開設してあるんです。

「Cafe Du Cycliste」のウェアの写真なども一品ごとに数枚掲載していますので、是非ご覧ください。カート機能は一応は確認でき、クレジットカードのお支払いにも対応できたつもりですが、ひょっとしたら自動返信のメールの記載内容等に不備があるかもしれません。

おかしいな、と思ったところ等ございましたら遠慮なくご連絡ください。

その都度適切に対応いたします。


店頭在庫品のSCHWINNのヨーロピアンティストのコミューターバイクBRIGHTON2

雰囲気はいいのですが、普通の街乗り自転車としては標準ではカゴ等の荷物を運べる物がない事、ややサイズが大きめな事、シートクランプボルト付近に小さな塗装不良などがある事等があり、定価よりやや値下げしていました。

続きを読む 0 コメント

2018MERIDA展示会(ダートバイク編)

昨日の続きになります。

MERIDABIKES2018モデルの

ダートバイク(MTB、グラベルロード等)編になります。

 

世の中的にすっかり元気のないMTBですがMERIDAは2018モデルにも従来通りコミューターにも出来る入門モデルから、レースで本気で勝ちたい人向けのハイエンドモデルまで多数ラインナップされています。

 

160mmリアトラベルのエンデューロバイク「ONE-SIXTY」

これまではカーボンフレームモデルの8000、5000の2モデルでしたが、2018モデルではボトムモデルとして600というモデルが加わりました。

ぶっちゃけ田舎の山で遊ぶのにココまでの物は必要ないのかもしれませんし、実際私の周りにもココまでの物を持っている人は少ないのですが、今の流行といか先端はこんな装備という勉強のためにじっくり見せてもらいました。

 

 

こちらがONE-SIXTY600。

SR Suntourのサスペンションやフレームがアルミになったりでコストダウンしていますが、

リヤユニットは上位モデルの5000と共通のRockshoxのタンク付きモデルだったり、ドライブトレインはシマノSLXだったりと大抵の人ならこれで満足できる装備がついていました。

値段は税抜き329000円だそうです。

もう少し安ければいいと思いますが、どちらにしても香川の里山にはオーバースペックかもしれません。

続きを読む 0 コメント

MERIDA BIKES 2018モデル展示会(ロードバイク編)

8/24は臨時休業を頂きMERIDA BIKESの2018年モデルの展示会に出席してきました。

会場入り口にいきなり今回の目玉モデルフルモデルチェンジしたエアロロードバイク

「REACT」の上位フレームを採用したREACT8000-Eがお出迎え。

プレゼンで説明されていましたが、新しいREACT CF4カーボンフレームは前モデルと比較して約18%(だったかな?)の軽量化を実現しつつ、インテグラルヘッドの採用などで剛性を確保、新設計のS-FLEXシートポストはエアロロードとしては画期的な乗り心地を実現しているとの事でした。

そして今回のモデルからREACTにも上位フレームCF4、普及グレードCF2共にディスクブレーキ仕様のラインナップが加わりました(下位モデルのアルミ仕様はキャリパーブレーキのみ)。

 

 

CF4フレームを採用したモデルでもこのVISION METRONハンドルはハイエンドモデルのTEAM-Eモデルと

この8000-Eにしか採用されていません。

続きを読む 0 コメント

修理、カスタムは今のうちに。

13日~16日の間に夏季休暇を頂いておりました。

13日には試乗車としてお借りしているタイレルRXで

朝日町スタートから屋島、庵治半島を回って帰ってくるサイクリングを楽しみました。

香川のサイクリストにとっては紹介するまでもなく、ド定番ともいえるルートでしょうが、

適度なアップダウンの連続と、海沿いの景色のよいルートを楽しめました。

 

ここは屋島の東の端、庵治との間にある綺麗な公園。

スタートから10km位の地点になり、最初の休憩に丁度いい場所でした。

屋島と庵治の間の湾を一望しながらゆっくりと休憩できました。

こちら庵治半島の東よりの場所に新しくできたサイクリスト休憩所。

青い塗装の新しいサイクルラックと、写真に写っていませんが海に向かって座れるベンチもあり、景色を楽しみながらゆっくり休憩できます。

 

最近は香川県でもサイクリストのための設備が増えてきていて嬉しく感じますね。

しかもこれから徐々に涼しくなってくると自転車に乗りやすい季節にもなってくると思います。

 

話がかわりますが、自転車の整備は万全でしょうか?

せっかく乗りやすい時期になっても、自転車が故障したままで乗れないのでは

楽しめませんよね。

 

8月に入ってからというもの、誉自転車にもたくさんの方が不調の自転車の整備やカスタムに訪れています。

皆さんこれからの時期を前に今のうちに修理や調整をしたいのかもしれません。

 

誉自転車では、当店購入の自転車や部品でなくても可能な限り作業を承りますし、

壊れた自転車を運搬する事が出来ないお客様には、回収配達のサービスも有料にはなりますが承っております。

 

 

他店で断られたような作業でも、

一度ご相談ください。

また誉自転車は主にスポーツサイクルを取扱ってはいますが、基本的には「街の自転車屋さん」としての姿勢もあります。

 

一般自転車(俗に言うママチャリ)の修理等もご相談ください。

 

お問い合わせお待ちしております。

 

誉自転車

香川県高松市国分寺町国分106-9

福森ビル1F西

TEL087-874-9322

E-mail:homarejitensya@yahoo.co.jp

定休日:水曜日

 

0 コメント

定休日サイクリング

8/9は当店は久しぶりに水曜定休日どうりにお休みさせて頂きましたが、自転車仲間のノルさんが

最近自転車に全く乗れてなくてウズウズしてるようでしたので、

「それならば私がお相手しよう」

という事で一緒に塩江方面へサイクリングに行ってきました。

 

仏生山駅を出発し、ノルさん提案のガソリン道を北上し塩江方面へむかいます。

 

天気は良くてもまだ暑くはなく、道は自動車の通行がほぼ無く、アップダウンも大した事がないため、私のようなロード初心者にも安心できる道です。

 

飛んでるナツアカネとの並走等、この季節らしい楽しみもできました。

ガソリン道の道端にあった蓮や水連を植えている場所。

サイコン睨みながら平均速度や獲得高度を気にするのもいいですが、こんなところで一旦足を休めながら進むというゆったりとした時間や季節をたのしむサイクリングも楽しいですよ。

ガソリン道にはかつて電車が通っていたと思われる古いトンネルが何箇所かあります。

中はひんやりと天然クーラーです。

でも暗いのでロードバイク等自転車で通過の際はライトをつけて路面の確認をしながら通過するのをオススメします。

最初の目的地の「道の駅塩江」到着。

ほんとガソリン道は高松方面から塩江、または通り越して徳島の方へサイクリング行く人にはオススメの道です。

 

今回自転車は、試乗車としてお借りしているタイレルRXの510サイズを利用してみました。身長166センチの私には多少大きいサイズですが、そんな事どうでもよいと思える位のシルキーな乗り味、それでいて軽く、速い!

そんなオールラウンドに使えるクロモリロードレーサーです。

道の駅をあとにして、第2の目的地「ふじかわ牧場」に到着。

目的のソフトクリームは修理中...

スタッフらしい人の人影なし...

御用の方はインターホンを鳴らしてって書いてあるけど、そもそもインターホンらしいものが見当たらないというやる気なしっぷり(笑)。

 

続きを読む 0 コメント