お知らせ

2月16日に一度ご来店し、その後2月19日に

お電話にてMERIDA CROSSWAY300

を御注文されたO様。

お電話にてお伝えした総額に泥除けと防犯登録費が含まれていませんでした。

計算し直した金額をお伝えしたいので、もしこれをご覧になりましたら連絡お願いします。

 

実際にご来店頂いたのお客様や、私(店主)の友人たちにだけお伝えしていた事ですが、売りに出していた

試乗車 

2018 MERIDA REACTO 4000 DISC

サイズ 50 ですが

本日、買い取りたいというお客様が現れましたので、今後は次の試乗車が納車されるまで試乗できません。

次の試乗車は未定ですが一つ小さい47サイズのものになる予定です。


誉自転車日記

Unit Cycle Fripover Stand 2pcs

すっごーく地味なアイテムの紹介ですよ。

でも、あると便利なアイテムだと思うんです、

まあ単純にサイクルスタンドなんですけど、どう使うやつかってーと

こうやって使うんです。

続きを読む 0 コメント

MERIDA BIG.7.limited  初のMTB納車になります。

誉自転車では初のMTBの新車販売になります。

2018モデルMERIDAのエントリーグレードのアルミフレームXCレーサーバイク、 BIG.7.Limitedの納車です。

緑と黄緑のグラデーションがこれからの季節にぴったり映えるとおもいます。

ただ、今回のお客様はこれを街乗りまたは、友達とのサイクリングに使いたいとの事、

それならと言う事で、納車前に各部をそれに適した仕様にさせて頂きました。

 

近年のMTBは、ハンドル幅が広く

BIG.7.Limitedのようなクロスカントリーレーサーバイクでも標準で720mmというハンドルバーが付いていますが、

日本の道路交通法的にはハンドルバーは

600mmまでとされているので両端60mmはカットさせて頂きました。

山で遊ぶ時は、MTBは幅広ハンドルで扱うようなジオメトリで設計されているのですが、街中で何かよくない事が起こってしまった時に、ツッコミどころにされない為の対応です。

オーナー様がいつか

「せっかくのMTBだからオフロードを走ってみたい」

と思った時は、その時だけ適当な幅のハンドルをつければいいとおもいます。

続きを読む 0 コメント

通勤・通学・保育園の送り迎等に

タイトルとまったく関係ない画像でスンマセン。

いろんな方からお仕事いただいておりますが、全部何かが足りなくて進める事が出来ずにいます。

田舎の弱小店は、まとまった注文などは少ないのでその点がつらいです。

とりあえず出来ることからしております。

写真は近いうちに組む予定の自転車のために取り寄せているDT SWISSのホィール。

とりあえず、すぐ組みつけて大丈夫なように出荷時の状態を点検しております。

横振れ、縦振れ、共にほぼ無く、

スポークもベアリングも良好、やっぱりホィール関係の一流ブランドですね。

 

 

 

話をタイトルの内容に戻します。

もうそろそろ、4月から始まる新しい生活のために

自転車が必要になる人が多いかと思います。

スポーツ車や趣味の自転車のイメージが強い誉自転車ですが、

一般車も扱いがあり、今日初めて一般車のご注文を頂きました。

ご注文頂いたのはミヤタの一般車、

4月から中学生になる息子さんの通学のために、少し早めにご注文頂きました。

当店で取り扱っている一般自転車といえば

今回ご注文頂いたミヤタの他にパナソニックサカモトテクノ

電動アシスト車のヤマハPAS等ですが

スーパーやホームセンターの自転車コーナーの15000円程度のと何が違うかといえば、まずボロボロの見た目になりにくい事です。

見た目が悪くなる理由で一番に浮かぶのは「錆」。

ミヤタやパナソニック等の自転車は錆が発生しにくいステンレスやアルミの

部品を使っています。

次にぶつけたり、転んだりした際の変形。

安い自転車はしっかりした部品にしておいた方がいいところまでペラペラなんです。

ちょっとしたことですぐに曲がったり凹んだりします。

つくりのいい一般車は細かい構成部品までしっかりした物がつかわれているおかげで、変形が少なく、修理もおこないやすいという利点もあります。

 

今回注文頂いた自転車はそれなりの値段がしますが、長く使うための部品構成がされています。

長く毎日使う自転車なら、やはりそれなりの物を購入する事を強くおすすめします。

 

0 コメント