· 

ロックショックスのサスペンションはストローク量が変更できるものもあります。

誉自転車の商品で年間通してもそれ程数を売ることが無い商品に

MTBのサスペンションフォークがあります。

単品で買うと高いですし、そもそもマウンテンバイクに熱量をもっている

ライダーが香川にはそれ程いないのでしょうがないとはおもいます。

となると、サスペンションに関する知識も持っている人が少ないというのが

実際のところです。

今回店で在庫していたサスペンションに手を加えることになったので、

そのついでにちょっとした豆知識をお伝えします。

先に言っておきますがマウンテンバイクを何年も乗っているには、特に何の驚きもない普通の事です。

今回実際に作業したロックショックスはもちろんですが、

ライバルメーカーのFOX(2ndラインのマルゾッキ含む)のフォークも

内部分解とエアピストンの部品変更で

ストロークの変更ができます。

正確に言うならできるモデルとできないモデルがあるのですが

ミドルクラス以上のグレードの物であればできるものが大半です。

 

 

具体的に変えるパーツはエアピストンとそのロッドに当たる部品です。

今回のロックショックスでいうなら

DebonAir Spring upgrade kitと言うのを取り寄せて交換し、その際

変更したいストローク量に対応したものに変えておけばOKとなります。

上の写真がそのDebonAir Spring upgrade kitでパーツのお値段は

¥4,950(税込)だったと思います。

 

元のサスペンションは2019PIKE27.5インチ用Boostの150㎜ストロークです、

コレを取り付ける予定のフレームジオメトリーに合うように130㎜ストロークに変更します。

 

だいぶ省略します、左側が出荷状態でついていた

150mm用のDebonAirピストンを取り外したもの

右がこれから取り付けられる130mm用のピストン

ストローク量の変更以外にも

2019モデルの初期型DebonAirから現行のマイナーチェンジ後のDebonAirに

変わるというメリットもあるはずですが、外観的にストロークを小さくするためのパーツの大きさ変更以外には特に何も変わらないように見えるんですけど、

まぁ、メーカーが大げさに言うほどの性能の違いは無いと思ってます。

 

さてストロークが変わるなら、ボトムレストークンもそれに対応した数に変更しなければいけません、いけませんと言うかした方がいいです。

 

2019pike27.5用の150㎜ストロークの工場出荷時のボトムレストークンは1個なのですが、130mmの場合は2個となっています。

という事で、1個追加しておきました。

 

サスペンションのセッティングに正解と言うのは無いのですが、

極端なのや、自分の体重に対するメーカー推奨セッティングから大きく外れて使うのはお勧めしません。

 

エア室とボトムレッグ内に入る少量の潤滑用オイルとダストワイパー&フォームリングに多少の手心と最終的な組付けからエア注入前にひと手間加えておきました。

※そんなに大したことではありません、どこのショップでもやってる事です。

 

元の形に戻してエアを入れて完成です。

2年間店で寝かしてしまったPIKEですが、この後体重で押してみたら

オープンモードでの動きだしが無茶苦茶いい動きになりました。

(自分でもちょっとビックリ)

 

 

さてこのロックショックスPIKE、店で去年の10月から運用していた

2021SURLYカラテモンキー ゴールドMサイズに

取り付けられています。

(左:ストック 右:現在)

 

この時のブログで入荷をお知らせした、この色のフレーム・フォークセットと

この後入荷する予定の完成車も予約で埋まってしまったので、試乗車として

ストック状態で運用する必要がなくなったと判断しました。

 

晴れてデモ車(これからは私の私物)として誉自転車らしいカスタムバイクになる予定です、まずはサスペンションと店に転がってたステム等のパーツ(あくまで仮)でトレイル仕様に。

これから、本格的にほんとに使いたいパーツに変えていく予定です

気分上がりますね、ずっと自分のカラテモンキーが欲しかったんですよね。