· 

シルバーポリッシュの手組みロードホイール

近所のロードバイク好きのO君からシルバーポリッシュのロード用ホイールを組んで欲しいとの依頼を受けました。

今ないんですよね、シルバーのとくにポリッシュのホイールって。

ロードバイクといえば、今はやはりカーボンやアルミバイクが主流で、

そういったバイクには黒いホイールが無難に似合うのだと思います。

ですので今、メーカーの完組は、大抵が黒なんですよね。

時々いらっしゃる、クラシックなクロモリフレームが好きな人たちは

欲しいデザインのホイールが本当に少ないようです。

完成品が無いなら、手組みで組めばいいんですよ。

(O君は特別クロモリフレーム好きといった訳ではないですけどね)

当初、私が提案したのはvelocityのハブとリムで組むという物だったのですが、

少々高すぎだったようで却下、

O君が選んだのはこのARAYAのリム”SA-730 ポリッシュ 32ホール”

ポリッシュのリムって高いんですよね、

このリムも定価10,000円します。

でも、今時だからARAYAのロゴがいい雰囲気に見えてきます。

 

スポークはDT SWISSのCompetition2.0/1.8mm シルバー

エアロスポークは要らないという事でしたが、じゃあせめてバテットスポークでと思い

選びました。

できればハブもシルバーポリッシュと行きたかったのですが

コスト削減のため現行シマノ105のハブを使う事になりました。

色こそ残念ですけど、性能はやはりシマノハブはいいですね、

ベアリングの回転も、無負荷の状態で少しだけ

”ぬるっとした感じ”がする一番いい状態にセットされて出荷されてます。

今回はフロント用でしたのでラジアル組みで楽させて頂きました。

 

完成です!

日本ブランドのクロモリバイクに組み付けてみたい雰囲気ですね。

(O君はコレが似合いそうなバイク持ってなかったと思うけど、何につける気だろう?)

手組みホイールのお仕事依頼が、ココ最近増えてきました。

他店は知りませんが、ウチは手組みホイールの製作依頼すごくうれしいです。

手組だと完組にはあまり無い”オシャレ仕様”なども製作できたりして、

いろんな価値観に対応できます。

「こんなホイールがあればいいのに」というイメージをお持ちの方、

ぜひ一度ご相談ください。